searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

ニッカンコンピで斬る!

THEME help
ニッカンコンピで斬る!
テーマ名
ニッカンコンピで斬る!
テーマの詳細
ニッカンコンピを活用した競馬予想・データ・傾向 等 管理人の権限において、新規登録される方(既存も含む)は受け付けません。仮に、登録されても削除しますので、よろしくお願いします。 利用規約から一部抜粋 ”ブログ村の中にある「テーマ(トラコミュ)」について、ブログ同士のやりとりではなく、交流するしないは当然当事者の判断です。” つまり、他人の作成した「テーマ(トラコミュ)」を勝手に使用することは、いかがなものか!? そんなに交流したいのなら、他をあたって下さい。 度重なる違法行為に関しては、にほんブログ村に登録いただいたサイトを削除させていただく処置を、にほんブログ村側に報告させていただきますので、2度同じことは言いませんのでよろしくお願いします。さらに、法的な処置も検討させて頂きます。
テーマ投稿数
6,175件
参加メンバー
5人
管理人
Haya管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「ニッカンコンピで斬る!」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「ニッカンコンピで斬る! 競馬ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

ニッカンコンピで斬る!の記事

1件〜50件

  • 【エプソムカップ(G3)】(2021血統データ分析篇)
    2021/06/13 07:03
    【エプソムカップ(G3)】(2021血統データ分析篇)

    【エプソムカップに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(エプソムC限定) 【過去10年成績】東京芝1800m戦らしくディープインパクト産駒が好成績を挙げており、産駒が初出走した2012年はともに母父カーリアンのトーセンレーヴとダノンシャークがワンツーを決めた。19年2着サラキア、18年1着サトノアーサー と共に母父ノーザンダンサー系が連対している。 【母 父 馬 篇】(エプソムC限定) 【過去10年成績】梅雨の時期で馬場が渋ることが多く、昨年(不良)1着ダイワキャグニー(父キングカメハメハ)と3着トーラスジェミニ(父キングズベスト)、共にヌレイエフの血を引く馬が馬券に絡んでい..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【エプソムカップ(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/06/09 07:15
  • 【安田記念(G1)】(2021血統データ分析篇)
    2021/06/06 07:11
  • 【安田記念(G1)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/06/02 07:07
  • 【葵ステークス(重賞)】(2021血統データ分析篇)
    2021/05/29 07:04
    【葵ステークス(重賞)】(2021血統データ分析篇)

    【葵ステークスに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(葵ステークス限定) 【過去10年成績】高松宮記念のパターンを想定。過去5年の勝ち馬は全て父と母父がどちらも非サンデー系。ちなみに、ミスターメロディ、モズスーパーフレア、ダノンスマッシュは、サンデーの血を全く持たない馬。 【母 父 馬 篇】(葵ステークス限定) 【過去10年成績】急坂コースのスプリント戦だから後駆のパワーが重要で、ダンジグをもつ馬(モズスーパーフレア、ミッキーアイル、ナックビーナス、ショウナンアンセム、アルビアーノ)とノーザンテーストをもつ馬(ビッグアーサー、レッツゴードンキ、ナックビーナス)の活躍が目立つ。 ..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【葵ステークス(重賞)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/05/26 07:09
  • 【優駿牝馬~オークス(G1)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/05/23 07:11
  • 【ヴィクトリアマイル】(2021血統データ分析篇)
    2021/05/16 07:01
    【ヴィクトリアマイル】(2021血統データ分析篇)

    【ヴィクトリアマイルに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(ヴィクトリアM限定) 【過去10年成績】ディープインパクト産駒やフジキセキ産駒の好走が目立ち、父サンデーサイレンス系で3着入りした大半を両産駒で占めている。ちなみに昨年2着馬サウンドキアラは、ディープインパクト産駒。 【母 父 馬 篇】(ヴィクトリアM限定) 【過去10年成績】ディープインパクト産駒やフジキセキ産駒の好走が目立ち、父サンデーサイレンス系で3着入りした大半を両産駒で占めている。ちなみに昨年2着馬サウンドキアラは、ディープインパクト産駒。 スプリント適性の高い血が重要だが、 道悪では欧州型が浮上!..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【ヴィクトリアマイル(G1)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/05/12 07:13
  • 【NHKマイルC(G1)】(2021血統データ分析篇)
    2021/05/09 07:15
    【NHKマイルC(G1)】(2021血統データ分析篇)

    【NHKマイルCに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(NHKマイルC限定) 【過去10年成績】昨年は、父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系という配合馬ラウダシオン(9人気)が優勝、ダンチヒの血を引く馬(2着レシステンシア、3着ギルデッドミラー、5着ルフトシュトローム)が上位入線。種牡馬別では、ダイワメジャー産駒【3-0-2-9】、ディープインパクト産駒【2-2-1-10】、クロフネ産駒【2-1-0-5】と3頭が好成績。 【母 父 馬 篇】(NHKマイルC限定) 【過去10年成績】大系統に視点を向けると、父もしくは母父にノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬の活躍が目立つ。なかでも、..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【NHKマイルC(G1)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/05/05 07:09
  • 【天皇賞春(G1)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/04/29 07:12
  • 【読売マイラーズC(G2)】(2021血統データ分析篇)
    2021/04/25 06:14
    【読売マイラーズC(G2)】(2021血統データ分析篇)

    【読売マイラーズCに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(マイラーズC限定) 【過去10年成績】例年、上位を賑わせているディープインパクト産駒だが、高速マイル戦で良績を残しているのがロードカナロア(3-1-3-11)、キングカメハメハ(2-0-1-3)、リオンディーズ(1-1-0-2)といったキングカメハメハ系種牡馬(いずれも今年の阪神芝1600良の成績)。 【母 父 馬 篇】(マイラーズC限定) 【過去10年成績】ちなみに、今年の桜花賞馬ソダシも母父がキングカメハメハでした。 今年は、阪神(芝外)1600㍍で施行。 (京都競馬場整備工事の為) 芝中距離でリーディング上..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【読売マイラーズC(G2)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/04/21 06:11
  • 【アーリントンC(G3)】(2021血統データ分析篇)
    2021/04/17 07:05
    【アーリントンC(G3)】(2021血統データ分析篇)

    【アーリントンCに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(アーリントンC限定) 【過去10年成績】18年から4月に移行し馬齢戦となった阪神外マイルの3歳重賞。個別の種牡馬は、特筆するような存在が皆無という群雄割拠の状況。昨年は、道中後方を追走した1番人気タイセイビジョン(父タートルボウル×母ソムニア[母父スペシャルウィーク])が最後の直線ではメンバー最速の上がりを使って内から抜け出し、2019年京王杯2歳ステークスに続く自身2つ目となる重賞タイトルを手にした。 【母 父 馬 篇】(アーリントンC限定) 【過去10年成績】近3年、1~3着馬のいずれかが3代目までにナスルーラー系の血を..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【アーリントンC(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/04/14 07:15
  • 【ニュージーランドT(G2)】(2021血統データ分析篇)
    2021/04/10 07:07
    【ニュージーランドT(G2)】(2021血統データ分析篇)

    【ニュージーランドTに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(NZT限定) 【過去10年成績】中山芝1600mで施行されるようになった2000年以降で見ても、まだ2勝以上した種牡馬のいない難解な一戦だが、20年ルフトシュトローム(父キンシャサノキセキ)、19年ワイドファラオ(父ヘニーヒューズ)、18年カツジ(母メリッサ)、17年ジョーストリクトリ(父ジョーカプチーノ)、と直近4年の勝ち馬は「父または母が1200mの重賞勝ち馬」という点で共通する。 【母 父 馬 篇】(NZT限定) 【過去10年成績】中山で開催された過去10回では母の父Lyphard系が「2-1-2-0」と底を見せて..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【ニュージーランドT(G2)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/04/07 07:19
  • 【大阪杯(G1)】(2021血統データ分析篇)
    2021/04/04 07:00
    【大阪杯(G1)】(2021血統データ分析篇)

    【大阪杯に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(大阪杯限定) 【過去10年成績】昨年はオルフェーヴル産駒の2番人気ラッキーライラックが勝利。同馬で注目すべきは2代母の父Seattle Slewの血脈で、18年スワーヴリチャード(2代母の父General Meeting)、19年アルアイン(母の父Essence of Dubai)に続くかたちで母系に同血脈を持つ馬が3連覇を果たしている。 【母 父 馬 篇】(大阪杯限定) 【過去10年成績】勝ち馬はスピードの持続力に長けている馬が多く、Seattle Slewを筆頭に好走馬の多くがBold Ruler血脈を抱えている。 米国的..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【大阪杯(G1)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/03/31 07:02
  • 【日経賞(G2)】(2021血統データ分析篇)
    2021/03/27 07:08
    【日経賞(G2)】(2021血統データ分析篇)

    【日経賞に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(日経賞限定) 【過去10年成績】昨年はトーセンホマレボシ産駒の1番人気ミッキースワローが勝利し、2着にはディープブリランテ産駒の2番人気モズベッロが入線。2頭はディープインパクトの直系であるとともに、どちらもNureyevの血を引くことを血統的な共通点。直近4年の勝ち馬はNureyevまたはその甥にあたるSadler's Wellsの血脈を持っていた。 【母 父 馬 篇】(日経賞限定) 【過去10年成績】毎年ステイゴールド系が馬券に絡んでいる。昨年は3着(9人気)にステイゴールド産駒スティッフェリオが食い込んだ。19年もステイゴール..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【日経賞(G2)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/03/24 06:24
  • 【ファルコンS(G3)】(2021血統データ分析篇)
    2021/03/20 07:08
    【ファルコンS(G3)】(2021血統データ分析篇)

    【ファルコンSに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(ファルコンS限定) 【過去10年成績】昨年はオルフェーヴル産駒の6番人気シャンガーネットが重馬場を苦にしない力強い走りで重賞初制覇。直近3年は3着以内に好走した9頭のうち5頭がStorm Catの血脈を抱えており、18年にはStorm Cat直系のミスターメロディ(父Scat Daddy)とアサクサゲンキ(父Stormy Atlantic)がワンツー決着。 【母 父 馬 篇】(ファルコンS限定) 【過去10年成績】過去5年でいうと、ストームキャット(ハッピーアワー、ミスターメロディ、ラウダシオン、グルーヴィット、アサクサゲンキ..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【ファルコンS(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/03/17 07:14
  • 【中山牝馬S(G3)】(2021血統データ分析篇)
    2021/03/13 07:04
    【中山牝馬S(G3)】(2021血統データ分析篇)

    【中山牝馬Sに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(中山牝馬S限定) 【過去10年成績】昨年はルーラーシップ産駒の3番人気フェアリーポルカが雪の降る不良馬場を制して重賞初制覇。ルーラーシップの父キングカメハメハも直仔が好相性を示しており、11・12年と別場所ながら2連覇を達成したレディアルバローザ、17年トーセンビクトリーの2頭が勝ち馬として名を連ねるほか、12年3着エオリアンハープ(11番人気)、14年2着ケイアイエレガント(10番人気)といった二桁人気馬も上位を賑わせている。 【母 父 馬 篇】(中山牝馬S限定) 【過去10年成績】傾向としては、ノーザンダンサーのクロスを持つ..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【中山牝馬S(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/03/10 07:10
  • 【オーシャンS(G3)】(2021血統データ分析篇)
    2021/03/06 07:05
    【オーシャンS(G3)】(2021血統データ分析篇)

    【オーシャンSに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(オーシャンS限定) 【過去10年成績】昨年はロードカナロア産駒としても初出走となった1番人気ダノンスマッシュが2着に1.1/2馬身差を付けて快勝。大まかに見れば、一昨年の勝ち馬モズスーパーフレア(父Speightstown)に続いて、父Mr. Prospector系×母の父Danzig系という血統構成の馬が2連覇を達成。なお、17年の勝ち馬メラグラーナ(父Fastnet Rock)も父Danzig系×母の父Mr. Prospector系なので、先述した2頭の父系と母系を入れ替えたような血統構成。近年はMr. Prospectorのスピ..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【オーシャンS(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/03/03 07:12
  • 【中山記念(G2)】(2021血統データ分析篇)
    2021/02/28 07:02
  • 【中山記念(G2)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/02/24 07:13
  • 【小倉大賞典(G3)】(2021血統データ分析篇)
    2021/02/21 07:02
    【小倉大賞典(G3)】(2021血統データ分析篇)

    【小倉大賞典に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(小倉大賞典限定) 【過去10年成績】コース形態から平均的なラップを刻む展開になりやすく、トニービンやCaro、Seattle Slewといった長くいい脚を使える血統が狙い目となる。昨年の勝ち馬カデナも2代母の父にSeattle Slewの血を引き、18年に16頭中15番人気のブービー人気ながら2着に激走したクインズミラーグロも母の父がCaro直系のIn Excess、2代母の父がSeattle Slew直仔のSlewpyだった。なお、一昨年の勝ち馬スティッフェリオにおいてはいずれの血も引いていないが、母の父Mtotoが88年凱旋門賞-仏..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【ダイヤモンドS(G3)】(2021血統データ分析篇)
    2021/02/20 07:06
    【ダイヤモンドS(G3)】(2021血統データ分析篇)

    【ダイヤモンドSに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(ダイヤモンドS限定) 【過去10年成績】昨年は最低人気のミライヘノツバサが単勝325.5倍で勝利する大波乱となったが、同馬の勝利によってドリームジャーニーは種牡馬としてのJRA重賞初制覇を達成。なお、3着にもオルフェーヴル(=ドリームジャーニーの全弟)産駒のオセアグレイトが入線していた。ステイゴールドに所縁ある血統の好走は多く、16年に直仔トゥインクルが勝利するほか、近親フェイムゲームは14・15・18年と3勝の偉業を成し遂げている。 【母 父 馬 篇】(ダイヤモンドS限定) 【過去10年成績】昨年はメイショウテンゲ..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【ダイヤモンドS(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/02/17 07:29
  • 【共同通信杯(G3)】(2021血統データ分析篇)
    2021/02/14 07:03
    【共同通信杯(G3)】(2021血統データ分析篇)

    【共同通信杯に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(共同通信杯限定) 【過去10年成績】東京芝1800mと言えばサンデーサイレンス系。ほかには冬開催とあってフジキセキ、ステイゴールド、マンハッタンカフェといった力のいる馬場にも対応できるタイプの活躍が目立つ。昨年はイギリス産馬のダーリントンホールが勝利し、その父New ApproachもJRA重賞初制覇を飾ったレース。同馬はSadler's Wells直系だった。 【母 父 馬 篇】(共同通信杯限定) 【過去10年成績】母系にストームキャットの血を引くディープ産駒は4頭出走して[2-0-1-1]。 クラシック血統が強いが、穴..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【共同通信杯(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/02/10 07:17
  • 【東京新聞杯(G3)】(2021血統データ分析篇)
    2021/02/07 07:02
    【東京新聞杯(G3)】(2021血統データ分析篇)

    【東京新聞杯に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(東京新聞杯限定) 【過去10年成績】東京芝マイル戦と言えば圧倒的にサンデーサイレンス系。なかでもやはりディープインパクト産駒。昨年、プリモシーンの勝利によってディープインパクト産駒は東京新聞杯3勝目となったが、同産駒は14年2着エキストラエンドから7年連続で連対し続けている実績も持つ。 【母 父 馬 篇】(東京新聞杯限定) 【過去10年成績】ディープインパクト産駒は近5年[2-4-1-13]で毎年連対。特にしなやかなストライドを生むサーゲイロード≒セクレタリアトのクロスをもつ馬は[2-2-0-5]と好走率が高く、プリモシーン4人..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【東京新聞杯(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/02/03 07:01
  • 【根岸ステークス(G3)】(2021血統データ分析篇)
    2021/01/31 07:03
    【根岸ステークス(G3)】(2021血統データ分析篇)

    【根岸ステークスに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(根岸S限定) 【過去10年成績】プリサイスエンド産駒で勝利した10年グロリアスノア(母の父ジェイドロバリー)、17年カフジテイク(母の父スキャン)は母の父の血統構成がMr. Prospector×Nijinskyと共通していた。 【母 父 馬 篇】(根岸S限定) 【過去10年成績】ミスプロ系はもちろんだが、ストームキャットやエーピーインディの血を持つ馬がよく活躍しているのは東京ダ1400戦らしい。ミスプロ系ではノンコノユメ(父トワイニング)、カフジテイク(父プリサイスエンド)、モーニン(母父ディストーテッドヒューマー)と、フ..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【根岸ステークス(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/01/27 07:30
  • 【アメリカJCC(G2)】(2021血統データ分析篇)
    2021/01/24 07:03
    【アメリカJCC(G2)】(2021血統データ分析篇)

    【アメリカJCCに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(AJCC限定) 【過去10年成績】中山競馬場の外回りコースで施行されることからロングスパート勝負になりやすく、トニービンを筆頭に欧州血脈の持続力が活きやすい。ちなみにディープインパクト産駒は2勝、2着3回、3着1回。昨年の1~3着(ブラストワンピース、ステイフーリッシュ、ラストドラフト)は、ラストタイクーン経由でMill Reefの血を引いていた。 【母 父 馬 篇】(AJCC限定) 【過去10年成績】2200mという非根幹距離、トリッキーな小回りコースであることからネヴァブション(09年1着、10年1着、11年3着)やトウ..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【アメリカJCC(G2)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/01/20 07:14
  • 【日経新春杯(G3)】(2021血統データ分析篇)
    2021/01/17 07:01
    【日経新春杯(G3)】(2021血統データ分析篇)

    【日経新春杯に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(日経新春杯限定) 【過去10年成績】今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、日経新春杯-G2は中京芝2200mに舞台を移して施行される。当該コースではオープン以上の古馬混合戦が組まれていないため、シンプルに直近3年以内の種牡馬成績を参考。ディープインパクトが最多となる9勝、次点で5勝のルーラーシップ、4勝のハーツクライと続く。 【母 父 馬 篇】(日経新春杯限定) 【過去10年成績】連対率や単複回収値ではハーツクライ、ディープブリランテ、ルーラーシップ、ロードカナロア、ハービンジャーなどが優秀。ヌレイエフやトニービン..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【日経新春杯(G2)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/01/13 07:12
  • 【シンザン記念(G3)】(2021血統データ分析篇)
    2021/01/10 07:01
    【シンザン記念(G3)】(2021血統データ分析篇)

    【シンザン記念に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(シンザン記念限定) 【過去10年成績】今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、シンザン記念-G3は中京芝1600mに舞台を移して施行される。同コースにおける世代限定かつ特別戦の種牡馬成績は6勝を挙げるダイワメジャーがトップとなり、次点で2勝のディープインパクト、ハーツクライ、キングカメハメハ、ハービンジャー、チチカステナンゴが続く。 【母 父 馬 篇】(シンザン記念限定) 【過去10年成績】母の父としては4勝を挙げるフレンチデピュティ系ほか、Nureyev系やSadler's Wells系が安定した成績を残して..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【シンザン記念(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2021/01/07 07:23
  • 【中山金杯(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2020/12/30 07:19
  • 【ホープフルS(G1)】(2020データ分析篇)
    2020/12/26 07:09
    【ホープフルS(G1)】(2020データ分析篇)

    【ホープフルSに関する過去データ】 【注目馬データ篇】 年着馬 名前走レース距離着生産者後3Fキャリア191コントレイル東ス2歳G3芝181ノースヒルズ33.12戦192ヴェルトライゼンデ萩S L芝181ノーザンF34.52戦193ワーケアアイビー L芝181ノーザンF33.32戦年着馬 名前走レース距離着生産者後3Fキャリア181サートゥルナーリア萩S芝181ノーザンF35.12戦182アドマイヤジャスタ紫菊1勝芝201ノーザンF35.63戦183ニシノデイジー東ス2歳G3芝181谷川牧場33.94戦年着馬 名前走レース距離着生産者後3Fキャリア 171タイムフ..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【ホープフルS(G1)】(2020ラップ分析篇)
    2020/12/25 07:30
  • 【ホープフルS(G1)】(2020血統データ分析篇)
    2020/12/24 07:30
    【ホープフルS(G1)】(2020血統データ分析篇)

    【ホープフルSに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(ホープフルS限定) 【過去10年成績】中距離系のリーディング上位種牡馬の産駒が好成績を残す中山芝2000m。このレースではディープインパクト産駒がシャニングレイ(2014年)、ハートレー(2015年)、コントレイル(2019年)の3勝、キングカメハメハ産駒も2010年以降で3勝。また、17年1着タイムフライヤー、18年2着アドマイヤジャスタ、19年3着ワーケアとG1昇格後に毎年ハーツクライ系が好走している。 【母 父 馬 篇】(ホープフルS限定) 【過去10年成績】2017年はタイムフライヤー(父父ブライアンズタイム)とジ..

    Haya

    〜術はある〜

  • 【ホープフルS(G1)】(2020日刊馬番コンピ指数分析篇)
    2020/12/23 09:01
カテゴリー一覧
商用